学校紹介

奄美大島の、広い範囲に点在する各校。小規模校ならではのアットホームさ、
自然豊かな周辺環境は、どこも共通しています。

奄美大島では9つの学校の仲間がみんなを待ってるよ!
佐仁(さに)小学校

佐仁(さに)小学校

所在地:笠利町佐仁2735
児童数:12人(1、2年と3、4年はそれぞれ複式学級)
校区の世帯数/人口:178世帯287人
奈良時代ごろの言語とされる方言が残る地域で、住民は島唄や三味線、8月踊りをはじめ、浜下れといった伝統行事や文化を守り続けている。
●奄美空港から車で約20分。名瀬から約1時間
▶ 佐仁小学校HP

屋仁(やに)小学校

屋仁(やに)小学校

所在地:笠利町屋仁130
児童数:20人
校区の世帯数/人口:123世帯238人
中央に屋仁川が流れ、田イモ(たあまん)やサトウキビの栽培が盛ん。校庭の一角の大きなガジュマルに設置されたツリーハウスが学校のシンボル的存在。
●奄美空港から車で約15分。名瀬から約50分
▶ 屋仁小学校HP

手花部(てけぶ)小学校

手花部(てけぶ)小学校

所在地:笠利町手花部2811
児童数:11人
校区の世帯数/人口:148世帯253人
美しい海と天然の塩づくり体験が人気の、観光スポットを有するエリアに位置する。花いっぱいの学校づくりが伝統として受け継がれている。
●奄美空港から車で約15分。名瀬から約1時間
▶ 手花部小学校HP

住用(すみよう)小学校

住用(すみよう)小学校

所在地:住用町役勝27
児童数:18人
校区の世帯数/人口:313世帯552人
島固有のリュウキュウアユが生息する川、国内2位の規模のマングローブ原生林を有する地域。学校でリュウキュウアユの観察・保護を行っている。
●奄美空港から車で約1時間半。名瀬から約35分
▶ 住用小学校HP

知根(ちね)小学校

知根(ちね)小学校

所在地:名瀬根瀬部有免91
児童数:10人
校区の世帯数/人口:349世帯511人
前方に海、後方は山という環境で、貴重な野鳥や昆虫が生息するエリアに位置する。五穀豊穣や集落の繁栄を祈る豊年祭などの行事が盛んな地域。
●奄美空港から車で約1時間10分。名瀬から約20分
▶ 知根小学校HP

芦花部(あしけぶ)小中学校

芦花部(あしけぶ)小中学校

所在地:名瀬芦花部585
児童数:39人
校区の世帯数/人口:165世帯228人
校庭にそびえる2本のアカギの大木が目を引く。学校で行っている、米づくりや伝統漁法の追い込み漁体験は子どもたちにも人気。
●奄美空港から車で約1時間20分。名瀬から約30分
▶ 芦花部小中学校HP

崎原(さきばる)小中学校

崎原(さきばる)小中学校

所在地:名瀬崎原44
児童数:19人
校区の世帯数/人口:55世帯99人
太平洋を一望できる標高162mの高台に位置する。炭焼き窯を所有しており、地域住民の指導の下、子どもたちも毎年炭づくりに挑戦している。
●奄美空港から車で約1時間20分。名瀬から約30分
▶ 崎原小中学校HP

市(いち)小中学校

市(いち)小中学校

所在地:住用町市62
児童数:9人
校区の世帯数/人口:92世帯137人
古くから漁業が盛んな地域で、ソーラ(サワラ)突き漁が有名。多様な野外活動があり、7月の遠泳大会は一大イベントとなっている。
●奄美空港から車で約1時間40分。名瀬から約45分
▶ 市小中学校HP

住用(すみよう)中学校

住用(すみよう)中学校

所在地:住用町役勝27
児童数:11人
校区の世帯数/人口:313世帯552人
かんきつ類の栽培が盛んな地域で、校章にはミカンを想起させるデザインが取り入れられている。地域住民との稲作体験活動が20年近く続く。
●奄美空港から車で約1時間半。名瀬から約35分
▶ 住用中学校HP

※ 児童数は2017年12月末現在、世帯数・人口は同12月6日現在。

メッセージ

市小中学校 岸田さゆり校長

市小中学校 岸田さゆり校長

どこよりも恵まれた自然環境が自慢です。学校生活の中では、年長の子 が年少の子の面倒を見ることに慣れ ているため、みんながきょうだいのように接し合っています。

手花部小学校<br>谷村航さん(小6)

手花部小学校
谷村航さん(小6)

1年生から6年生まで一緒に遊ぶことが多いです。近くに海があるので、夏はマリンスポーツを楽しむことができます。運動会ではソーラン節を踊ります。悲しいときや苦しいときに、いつも「どうしたの」や「だいじょうぶ」と、声をかけてはげましてくれる友だちがいます。

崎原小中学校<br>濱畑るるさん(小1)

崎原小中学校
濱畑るるさん(小1)

がっこうでいちばんたのしいことは、ずこうやひるやすみです。しいのみがいっぱいで、シーソーもあります。とりもいっぱいみることができます。しまバナナや、くわのみ、びわをたべることもできます。

住用中学校<br>潤井あゆさん(中2)

住用中学校
潤井あゆさん(中2)

森に囲まれた自然豊かな学校です。生徒はそれぞれに独特な個性を持っている人たちが多いです。学校では稲作授業があり、できた米でもちをつくって食べます。校舎裏にはみかん畑があり、収穫して家に持ち帰ることもできます。いろんな体験ができる学校です。

知根小学校<br>松元浩幸校長

知根小学校
松元浩幸校長

いくつもの学校を経験しましたが、奄美の人は本当にあたたかいです。地域で大事に子どもを育てる意識が 強いです。児童はお友だちが増えるのを楽しみにしています。

佐仁小学校 活性化協議会<br>会長 前田和郎さん

佐仁小学校 活性化協議会
会長 前田和郎さん

佐仁は、八月踊りや島唄がいまも盛んな、伝統芸能が自慢の地域です。私も積極的に教えていますが、子どもたちはみんな熱心に取り組んでくれて、その上達ぶりは見ていてうれしい限りです。佐仁小学校には地域の年長者が日ごろから出入りしており、学校と一体になりながら大事に子どもたちを見守っています。

住用小学校<br>東暖人さん(小6)

住用小学校
東暖人さん(小6)

学校のまわりには、ルリカケスやリュウキュウアカショウビン、オーストンオオアカゲラなどの天然記念物がいます。おもしろい友だちといっしょになって遊んだり、体育をしているときが一番楽しいです。みんなと必ず仲良くなれる学校です。

市小中学校校区 活性化協議会<br>事務局長 山下茂一さん

市小中学校校区 活性化協議会
事務局長 山下茂一さん

市は昔から半農半漁の集落です。自給自足的な生活を体験するのに適しており、地域ぐるみで子どもたちにたくさんの経験を与えられるという意味では自信があります。海で山で地域で、勉強だけではなく人間性を育んでもらいたい。
ここで過ごした時間を後々の人生で振り返り「良かった」と思ってもらえるよう願っています。

佐仁小学校<br>古園伸一郎校長

佐仁小学校
古園伸一郎校長

郷土芸能が盛んなことで知られる地域です。授業以外でも、地域の名手のみなさんが唄や踊りを積極的に教えてくれるため、子どもたちはあっという間に上達します。

屋仁小学校<br>朝岡歩紀花さん(小5)

屋仁小学校
朝岡歩紀花さん(小5)

学校にはフラダンスがうまい子、バレーがうまい子、島唄がうまい子、奄美大島で2番目に走りが早い子もいます。ツリーハウスで、基地をつくったり本を読んだりしています。ウミガメの保護や放流、カヌー体験は楽しいです。ネリヤカナヤ創作童話コンクールでは、13回連続で学校賞を受賞しています。

芦花部小中学校<br>入耒院美咲さん(中1)

芦花部小中学校
入耒院美咲さん(中1)

学校自慢は、年上、年下関係なく仲が良いところ。先生方の授業もとても分かりやすく楽しいです。自然が多くて、追い込み漁などのめずらしい行事も体験できます。給食のときの先生とのおしゃべりや、おもしろい友だちとの時間が楽しいです。

市小中学校 岸田さゆり校長

市小中学校 岸田さゆり校長

どこよりも恵まれた自然環境が自慢です。学校生活の中では、年長の子 が年少の子の面倒を見ることに慣れ ているため、みんながきょうだいのように接し合っています。

知根小学校<br>松元浩幸校長

知根小学校
松元浩幸校長

いくつもの学校を経験しましたが、奄美の人は本当にあたたかいです。地域で大事に子どもを育てる意識が 強いです。児童はお友だちが増えるのを楽しみにしています。

佐仁小学校<br>古園伸一郎校長

佐仁小学校
古園伸一郎校長

郷土芸能が盛んなことで知られる地域です。授業以外でも、地域の名手のみなさんが唄や踊りを積極的に教えてくれるため、子どもたちはあっという間に上達します。

手花部小学校<br>谷村航さん(小6)

手花部小学校
谷村航さん(小6)

1年生から6年生まで一緒に遊ぶことが多いです。近くに海があるので、夏はマリンスポーツを楽しむことができます。運動会ではソーラン節を踊ります。悲しいときや苦しいときに、いつも「どうしたの」や「だいじょうぶ」と、声をかけてはげましてくれる友だちがいます。

佐仁小学校 活性化協議会<br>会長 前田和郎さん

佐仁小学校 活性化協議会
会長 前田和郎さん

佐仁は、八月踊りや島唄がいまも盛んな、伝統芸能が自慢の地域です。私も積極的に教えていますが、子どもたちはみんな熱心に取り組んでくれて、その上達ぶりは見ていてうれしい限りです。佐仁小学校には地域の年長者が日ごろから出入りしており、学校と一体になりながら大事に子どもたちを見守っています。

屋仁小学校<br>朝岡歩紀花さん(小5)

屋仁小学校
朝岡歩紀花さん(小5)

学校にはフラダンスがうまい子、バレーがうまい子、島唄がうまい子、奄美大島で2番目に走りが早い子もいます。ツリーハウスで、基地をつくったり本を読んだりしています。ウミガメの保護や放流、カヌー体験は楽しいです。ネリヤカナヤ創作童話コンクールでは、13回連続で学校賞を受賞しています。

崎原小中学校<br>濱畑るるさん(小1)

崎原小中学校
濱畑るるさん(小1)

がっこうでいちばんたのしいことは、ずこうやひるやすみです。しいのみがいっぱいで、シーソーもあります。とりもいっぱいみることができます。しまバナナや、くわのみ、びわをたべることもできます。

住用小学校<br>東暖人さん(小6)

住用小学校
東暖人さん(小6)

学校のまわりには、ルリカケスやリュウキュウアカショウビン、オーストンオオアカゲラなどの天然記念物がいます。おもしろい友だちといっしょになって遊んだり、体育をしているときが一番楽しいです。みんなと必ず仲良くなれる学校です。

芦花部小中学校<br>入耒院美咲さん(中1)

芦花部小中学校
入耒院美咲さん(中1)

学校自慢は、年上、年下関係なく仲が良いところ。先生方の授業もとても分かりやすく楽しいです。自然が多くて、追い込み漁などのめずらしい行事も体験できます。給食のときの先生とのおしゃべりや、おもしろい友だちとの時間が楽しいです。

住用中学校<br>潤井あゆさん(中2)

住用中学校
潤井あゆさん(中2)

森に囲まれた自然豊かな学校です。生徒はそれぞれに独特な個性を持っている人たちが多いです。学校では稲作授業があり、できた米でもちをつくって食べます。校舎裏にはみかん畑があり、収穫して家に持ち帰ることもできます。いろんな体験ができる学校です。

市小中学校校区 活性化協議会<br>事務局長 山下茂一さん

市小中学校校区 活性化協議会
事務局長 山下茂一さん

市は昔から半農半漁の集落です。自給自足的な生活を体験するのに適しており、地域ぐるみで子どもたちにたくさんの経験を与えられるという意味では自信があります。海で山で地域で、勉強だけではなく人間性を育んでもらいたい。
ここで過ごした時間を後々の人生で振り返り「良かった」と思ってもらえるよう願っています。

くろうさぎ
奄美市教育委員会 学校教育課
電話番号:0997-52-1128 
メールアドレス: